「船橋屋」×「ホテルニューオータニ」
新edoくず餅シリーズ

パティスリーSATSUKI

パティスリーSATSUKI

ご予約 Tel.043-299-1639

【パティスリーSATSUKI】営業内容変更のお知らせ

2020.10.21更新

営業時間 10:00~20:00

※ご予約の有無にかかわらず、ご来店頂いた順にご案内いたします。
お待ちいただく可能性がございますので、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

「レストラン・バーにおける新型コロナウイルス感染症拡大防止の取り組みについて」
その他、館内施設の営業時間や安全対策についてはこちら

「船橋屋」×「ホテルニューオータニ」
新edoくず餅シリーズ

文化二年(1805年)に亀戸天神境内に創業し、和菓子唯一の発酵食品である「元祖くず餅」を、創業当時から変わらぬ製法で受け継いできた老舗、『船橋屋』。200年以上の伝統を受け継ぐ老舗「船橋屋」と、ホテルニューオータニとの夢のコラボレーションが実現!

船橋屋 ウェブサイト

「くず餅乳酸菌®」

くず餅の品質を支える上で重要なのは、お餅の適度なやわらかさとしなやかな歯ざわり。それらを引き出すうえで欠かせないのが乳酸菌です。「くず餅乳酸菌®」(ラクトバチルス属パラカゼイ種)は、「船橋屋」の原料発酵槽で生き抜いてきた植物性乳酸菌。数名のモニター検査を実施したところ、被験者の善玉菌の割合に改善が見られた事例もあり、健康の維持に注目が集まっています。

「船橋屋」の歴史

船橋屋は、文化二年(1805年)に、現在の江東区亀戸三丁目、亀戸天神のすぐそばに、初代 勘助 が創業。勘助は出身地である千葉・船橋の名産である良質な小麦粉をせいろで蒸し、黒蜜きな粉を掛けた餅を作りました。その餅が亀戸天神の参拝客の垂涎の的となり、いつしか「くず餅」と名付けられ、江戸の住民に愛されるようになりました。明治初頭に出たかわら版「大江戸風流くらべ」では、江戸甘いもの屋番付に「亀戸くず餅(くずもち)・船橋屋」が横綱としてランクされると、瞬く間に船橋屋の名声が広がりました。創業当時の面影を今も残す本店には、芥川龍之介、永井荷風、吉川英治など多くの文化人が足を運び、くず餅を堪能しました。2010年にくず餅の発酵過程で「くず餅乳酸菌®」が特定されるとさまざなテレビ番組や雑誌に取り上げられ、お店には毎日多くのお客さまが訪れています。

船橋屋 ウェブサイト

コラボレーション商品

  • 商品は予告なく販売を終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

 

併設の「ザ・ラウンジ(ロビィ階)」および「SATSUKI(ロビィ階)」、「ベイコートカフェ(ロビィ階)」店内においてもご希望のスイーツ各種をお召し上がりいただけます。詳しくは店頭スタッフまでお申しつけください。
※別途サービス料を頂戴いたします。
※新型コロナウイルス感染症対策により、レストランの営業時間変更を実施している場合がございます。必ずこちらをご確認いただきまして、最新の情報をご確認ください。

※数に限りがございますのであらかじめご了承ください。
※お取り置きおよび事前のご予約も承ります。詳しくはお問い合わせください。

ご予約/お問合せ

Tel.043-299-1639
(パティスリーSATSUKI 直通/10:00~21:00)(千葉・幕張)


  • 特別に明記してあるものを除き、別途税金を加算させていただきます。
  • 食材によるアレルギーのあるお客さまは、あらかじめ係にお申しつけください。
  • 食材の入荷状況によりメニュー内容が変更になる場合がございます。