Deutscher Wein & Diner ~日本料理とドイツワインの夕べ~

9月9日(金)、KATO'S DINING & BAR 個室にて18:30より開催されました。
今回のテーマは世界遺産となった和食と、近年再び注目を集めつつあるドイツワイン。両者をより深く知ってもらうことと、昔から和食に合うと言われているドイツワインを体感して頂くことでした。料理はホテルニューオータニの和食部門を統括する 宮田勇 が手掛ける懐石料理。宮田は料亭「千羽鶴」も指揮する凄腕の料理長です。 講師にはドイツワイン業界で「リースリング王子」を名乗り、本国ドイツよりRiesling Fellowの称号を持つ、ヘレンベルガーホーフの山野高広氏を招いての会となりました。

山野氏が選ぶワイン

左上:
2009 Bacharacher Riesling Sekt brut / Ratzenberger / Mittelrhein
シャンパーニュと同じ製法で6年熟成、リースリングのゼクト

右上:
2015 Randersacker Sonnenstuhl Silvaner trocken / Störrlein & Krenig / Franken
ボックスボイテルで馴染みのあるフランケンのワイン。ジルヴァーナーは親しみやすい万能型の辛口ワイン。

左中央:
2013 [Sauvage] Riesling trocken / Georg Breuer / Rheingau
野性味溢れる力強いリースリング。酸が豊かで和食との相性が抜群。

右中央:
2012 Huber Spätburgunder trocken / Bernhard Huber / Baden
近年注目を集めるドイツのピノノワール。心地良い樽の香りと果実のバランスが絶妙です。

左下:
2007 Bombacher Sommerhalde Spätburgunder trocken / Bernhard Huber / Baden
目玉アイテム 特級畑のピノノワール。熟成感もあり味わいの膨らみも豊か。稀少性の高いワインです。

右下:
料理を手掛ける宮田料理長

高いクオリティの料理をご提供。旬の食材の鮑や松茸、きんきや佐渡銀鮭の稀少な食材をふんだんに盛り込んだこの日のための特別メニューメニューです。

メニュー
炙り伊勢海老と牡丹海老
玉地蒸し雲丹味噌焼
鯛と松茸土瓶蒸し
鰆レモン〆と鮪 きんきと佐渡の銀鮭にぎり寿司
蒸し鮑と大根 山椒ソース
黒毛和牛角煮 和風デミグラスソース
鱧天とぶっかけかぼす稲庭饂飩
桃豆かんとミルクジェラート

今回の特別イベントとして、現地と回線をつなぎ、収穫期を迎える畑や、生産者Mr.Huberとのセッションを行いました。山野氏の持つ現地とのネットワークが今回のセッションを可能にしました。 目玉となったワインBombacher Sommerhalde Spätburgunder trocken、こちらのワイナリーではブドウの成熟度を上げるために、成長過程でブドウの房を半分切り落としてしまうそうです。切り落とすことで残った果実に栄養が満たされ、より凝縮感のあるワインを造り、切り落としたブドウは肥料にするようです。 驚くほど優雅で綺麗なワインでした。現地情報をここまで詳しく知る日本人はいないと思います。我々スタッフも聞き入ってしまうほど興味深い内容で、ご参加いただいたお客さまもご満足いただけたようでした。