ホテルニューオータニ大阪
サステナビリティ コミットメント

ホテルニューオータニ大阪では、「経済」「社会」「環境」というCSR(企業の社会的責任)の三大要素のバランスに配慮し、持続的成長を果たしていくとともに"お役に立つ"企業として発展していくために、国際連合が提唱するSDGs(持続可能な開発目標)に賛同し、ホテル事業を通じて「持続可能な社会」の実現を目指します。

SDGs(持続可能な開発目標)とは

2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標で、貧困撲滅と持続可能な社会を実現するために17のゴール、169のターゲットから構成されており、企業・行政・NPOなどすべてのステークホルダーの協働によりこれらの計画を実行することが期待されています。