今村・毛利 御両家さま

2021年5月

一面のバラに囲まれて気取らず自然体のガーデンウエディング



 

挙式時期

5月

披露宴会場

鳳凰の間

おふたりのウエディングフォト

おふたりのウエディングレポート

Q 会場を決めた理由をお聞かせください

A ガーデンウエディングに憧れていたため、レッドローズガーデンで一面のバラに囲まれて挙式を行えること、披露宴会場から日本庭園が望めることが決め手となりました。新婦両親がニューオータニで結婚式を行っており、新婦も成人式の際に訪れるなど思い出がある場所だったので、新たな思い出を作ることができてよかったです。これからも春のバラが咲く季節にはホテルを訪れて結婚式を思い出し夫婦で初心に立ち返りつつ、新たな思い出を増やしていける場所になるといいなと思っています。



Q 挙式・披露宴の感想をお聞かせください

A バラに囲まれての挙式は、ゲストの方にも新鮮だったようで好評でした。料理やスタッフの方のおもてなしも素晴らしく、安心してゲストへのおもてなしをお任せすることができました。挙式・披露宴を通して、ガーデンウエディングの気張らない自然体な雰囲気とホテル婚の安心感の良いとこ取りをできた形となり、満足しております。


Q スタッフの対応について感想をお聞かせください

A 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、1年延期しての式となりました。プランナーの方には延期を決めた際も親身に対応いただき、心強かったです。直前にも感染予防の対策のため変更のお願いをすることが多かったですが、最大限の対応をいただき感謝しております。当日は多くのスタッフの方が関わってくださり、盛り上げていただいたおかげで、最高に楽しい一日になりました。



Q これから挙式をお考えの方へのアドバイスをお聞かせください。

A 外での挙式は、季節の制約や天気の心配など室内の式より考えることが多かったように思います。私たちは雨天時に使用する式場も気に入っていたため、晴雨どちらの場合も後悔のない日になると思い式場を決めました。外でのイベントを予定される場合は、晴雨両方の場合を想像して見学されるといいと思います。準備に追われるとせっかくの式準備が楽しめなくなることもありますが、おふたりで楽しみながら準備期間を過ごされることをお祈りいたします。

気になったらまずはウエディングフェアにご参加ください ご予約はこちら

先輩カップルレポート一覧に戻る