【全・東京日・PC】ヘッダーボタン
  • アクセス
  • 館内案内
★商品DB:商品パンくずリスト
★商品DB:商品詳細(店舗名)

西洋料理ベッラ・ヴィスタBELLA VISTA

ベッラ・ヴィスタ

TEL.03-3238-0020

★商品DB:商品詳細

THE GASTRONOMYガストロノミ―
世界で活躍する日本人シェフフェア 第5弾

パリ在住、3人の若手実力派シェフが織りなすガストロノミー

フランス・パリのレストランシーンで、益々活躍が期待される注目度の高い日本人シェフを招聘し、3日間限定のフェアを開催します。3シェフが共作で創り上げる、一度かぎりのコース料理をご堪能いただきます。守江慶智シェフ、北村啓太シェフ、渥美創太シェフが生み出す、パリの現在(いま)を体感ください。

 

期 間:

2018年2月23日(金)~25日(日)

 

時 間:

ランチ 12:00~
ディナー  18:30~(2/23は19:00~)

 

料 金:

ランチ ¥15,000
ディナー  ¥26,000
  • 3シェフのアミューズ +¥3,000(ランチ・ディナー共)要予約
  • 税金・サービス料別
  • ニューオータニクラブのお客さまは特別フェアの為、ポイントのみの加算になります。
    (サービス料の割引はございません)
  • ご来場の際はロビィのクロークをご利用ください。




 

ご予約はこちら

 

■3シェフが共作で創り上げる、一度かぎりのコース料理

今回のフェアでは、3人のシェフが1つのコース料理を分担し、それぞれの得意とする食材や調理方法を、一皿ごとに表現していきます。パリでは、3店舗回って食さなければできない体験を、一度に堪能することのできる、各シェフの料理のハイライトをお楽しみいただきます。

 

ランチコース ¥15,000
ディナーコース ¥26,000
※上記のコース編成は、食材の入荷状況によりメニュー内容が変更になる場合がございます。

 

■フランス・パリのレストランシーンで注目される、3人の若手日本人シェフ

 
※守江シェフ料理イメージ

※守江シェフ料理イメージ
 
守江 慶智(もりえ よしのり)
1980年愛媛県生まれ。「コートドール」「アラジン」などを経て渡仏。27歳よりパリの「Le petit verdot」「Encore」「L`Auberge de 15」のシェフとして活躍する。技法はあくまでフランス料理だが、酸味・甘味・苦味・うま味などの味や食感のバランスを計算した味の組み立てで独特の繊細さを表現。”将来有望な若手日本人シェフによるたぐいまれな料理“として、パリの料理評論家やビストロ好きのローカルのファンまで高い支持を得て話題を呼ぶ。2017年10月に、満を持して自身の名前を冠したレストラン「Yoshinori」をパリ6区にオープンした。
 
 
※北村シェフ料理イメージ

※北村シェフ料理イメージ
 
北村 啓太(きたむら けいた)
1980年滋賀県生まれ。「ラ・ナプール」「レ・クレアション・ド・ナリサワ」を経て渡仏。「レ・ザンジュ」「ピエール・ガニェール」などの名店を経て、エッフェル塔を間近に臨む「オーボン アクイユ」のシェフに就任。「オーボン アクイユ」は前シェフ時代に評判を落とし客足が遠のいてしまった状態であったが、徐々に自身のクリエーションを取り入れ、より自然で素材重視の料理を提供。その結果少しずつ「北村の料理」が受け入れられていき、連日パリのグルマンたちで賑わいを見せるまでになった。2017年6月、新規オープンした「ERH」(パリ2区)のシェフに就任。オープン直後からフランスの数々のメディアに取り上げられ注目を得ている。
 
 
※渥美シェフ料理イメージ

※渥美シェフ料理イメージ
 
渥美 創太(あつみ そうた)
1986年千葉県生まれ。19歳で渡仏後は、「メゾン・トロワグロ」「ステラ・マリス」「ラボラトワール・ドゥ・ジョエル・ロブション」などを経て、26歳で「ヴィヴァン・ターブル」のシェフに就任。その後、パリ11区の大人気店「クラウンバー」のシェフに抜擢された。一世紀以上前からある老舗「クラウンバー」は、内装は当時の雰囲気そのままに、2014年5月にリニューアルオープン。オープン後は、瞬く間にパリの地元住民からも支持される、超人気店となり、特に夜は予約困難なほどに。2015年にはレストランガイド「ル・フーディング」で最優秀ビストロ賞に輝き、パリはもちろん、世界でも引っ張りだこの、現在最も人気のあるシェフの1人。

 

■エグゼクティブ シェフソムリエ 谷 宣英 が世界中からワインをセレクト

 

 
日本を代表するソムリエの一人でもある、ホテルニューオータニのエグゼクティブ シェフソムリエ 谷 宣英が 3シェフの考案した料理の 一皿一皿に対してワインをセレクトします。今回はフェアのテーマでもある“世界で活躍する日本人”にフォーカスし、フランスを中心にニュージーランドなどのニューワールドも含めた世界から、日本人醸造家によるワインペアリングを提案するほか、オーセンティックワインペアリングもご用意いたします。ワイン愛好家にとっても必見のフェアです。

谷 宣英(たに のぶひで)
山梨大学非常勤講師/シャンパーニュ騎士団認定オフィシエ/2000年 第8回 ポメリー・ソムリエ・スカラシップ 優勝/2010年 第13回 世界最優秀ソムリエ・コンクール 出場/2011年 第6回 全日本最優秀ソムリエ・コンクール 優勝/2012年 国際ソムリエ協会認定 ソムリエ/2014年11月 「東京マイスター」受賞/2014年6月 「ワインテイスティングバイブル」(ナツメ社)上梓/2016年11月 「平成28年度 卓越した技能者(現代の名工)」選出
 

 

■今回ご用意するワイン(一例)

 

 
Chambolle-Musigny 2014 Lou Dumont
シャンボール・ミュジニー ルーデュモン

ブルゴーニュで活躍する日本人醸造家・仲田晃司氏の渾身の作品。ブルゴーニュの赤ワインの中でも極めてエレガントな味わいを表現する事が出来る村“シャンボール”。繊細でありながら大胆、可憐でありながら妖艶な魅力があります。仲田氏がこだわり抜き磨き上げた、日本人らしい「職人のワイン」です。
 
 

 
仲田晃司
大学生時代にアルバイト先のフレンチレストランでワインに出会い、「いつか自分の手でワインを造ってみたい」という夢を抱き、1995年に単身渡仏。フランス語の勉強をしながら各地の醸造家の門を叩いて修行を重ね、2000年7月7日、ニュイ・サン・ジョルジュにワイナリーを設立。仲田氏のワイン造りの特徴は、日本人的、職人的と言うべき、細部まで徹底的にこだわる仕事への執念といえます。仕込むワインのテロワールや個性を研究し尽くした上で、樽の選定眼や様々な熟成方法を駆使してワインを磨き上げます。現在では数あるブルゴーニュの造り手の中でも新進気鋭の造り手として、世界中で高く評価される存在となっています。
 

ご予約はこちら

ご予約/お問合せ:Tel.03-3238-0020
(ベッラ・ヴィスタ 直通)
  • 料金には、別途税金及びサービス料10%を加算させていただきます。
  • 食材によるアレルギーのあるお客さまは、あらかじめ係にお申しつけください。
  • 食材の入荷状況によりメニュー内容が変更になる場合がございます。
【参】東京・日・レストラン-サイドコンテンツ上
軽量版メニュー
【参】東京・日・レストラン-サイドコンテンツ下
宿泊予約検索
【全・東京日】SNS +外部リンク測定タグ
  • シェアする
  • Share by Email
  • Share on Facebook
  • Share on Twitter
  • Share on Pinterest
  • Share on Google+

【全・東京日・SP】フッターリンク

ホテルニューオータニ(東京)

〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町4-1
TEL:03-3265-1111 FAX:03-3221-2619

ニューオータニホテルズサイト

【全・東京日・PC】バナー

Preferred Hotels & Resorts LVX

Preferred Hotels & Resorts LIFESTYLE

エグゼクティブハウス 禅
ザ・メイン
ガーデンタワー
日本庭園
【全・東京日・SP】バナー