日本酒飲み比べセット

季処 一心

季処 一心

Tel.06-6949-3296

ご予約

自分好みの日本酒を探しませんか?

原料や製法による違いで日本酒の味わいは大きく変わります。少しづつの量で自分好みの日本酒のタイプを見つけてください。

しぼりたて日本酒三種飲み比べ 

60ml × 3杯 ¥1,500

「雁木(がんぎ)」

◆初しぼり 純米無濾過生原酒(山口)
山田錦60%精米を使用。
新酒特有の口に含んだ時のチリチリとしたフレッシュ感と、かすかにフルーティーさをもつ含み香。通年の純米生原酒の特徴である濃醇なボリューム感とは違う、滑らかな旨味とフレッシュで爽やかなキレが抜群です。又、これから熟成すると旨味・甘みが増しもっと味の乗った旨さが楽しめます。

「紀土(きっど)」

◆純米吟醸生 しぼりたて(和歌山)
麹米:五百万石50%、掛米:五百万石55%。
瑞々しい香りと、しぼりたてらしいフレッシュでジューシーな味わいを楽しんで頂けるお酒です。紀土らしい爽快さ綺麗さと柔らかな旨味を感じて頂けます。

「醴泉(れいせん)」

◆酒無垢(さけむく) 純米吟醸生(岐阜)
富山県産の契約栽培米雄山錦55%を使用。
上品な香りと柔らかくて幅のある味わいで、後口も綺麗で軽やかなお酒になりました。

「しぼりたて」は、出来たてのフレッシュな日本酒=“新酒”

新酒は爽快感があっておいしいく、熟成させるとさらに味わい深くなるのは、他の発酵食品と同じですね。出来たてをいただくフレッシュな新酒と、時間をかけて熟成された日本酒、どちらもそれぞれの良さがあります。それを理解すると、「しぼりたて」と書いてあるお酒は、出来たての日本酒=“新酒”である事がわかり、お酒のラベルを見るのが楽しくなるはずです。

 

「初しぼり」と言えるのは、一番最初に仕込んで、一番最初に絞った“新酒”だけ

もうひとつの「初しぼり」は、私たちで言うと「初物」と似ています。
旬の物を始めて口にしたとき「初物」と言いますね。2度目、3度目口にするときには使えない言葉です。新酒も1種類で終わらず、色々な種類の新酒がひとつの蔵から市場に出回ります。しかし、「初しぼり」と言えるのは、一番最初に仕込んで、一番最初に絞られた“新酒”のみです。こうしてみると、日本酒って楽しいですよね。

※料金には、別途税金及びサービス料10%を加算させていただきます。
※アレルギーのあるお客さまは、あらかじめ係にお申しつけください。
※入荷状況によりメニュー内容が変更になる場合がございます。
※写真はイメージです。

ご予約/お問合せ

Tel.06-6949-3296