翁達磨 年越しそばの会

12/14・15

そば好きならば誰もが一度は食べたいと願う“そば打ちの神様”高橋名人の絶品そば。
そば打ち一筋40余年、人生をかけてそばを打ち続けてきた高橋邦弘氏と、
二人の愛弟子による師弟共演のそばの会を開催いたします。
令和最初の年の締めくくりに、感動のそばをご堪能ください。

翁達磨 年越しそばの会

期間

2019年12月14日(土)・15日(日)

時間

ランチ 11:30~14:30
ディナー  17:00~20:00 

会場

ホテルニューオータニ幕張 2階宴会場

料金

              一般   ¥5,500・¥7,500・¥11,000
高橋 邦弘

高橋 邦弘(たかはし くにひろ)

1972年、片倉康雄氏の「日本そば大学講座」に入門し、そば打ちの世界に入る。翌年、宇都宮「一茶庵」で修業を始め、その傍ら片倉氏のそば教室の師範代を務める。1975年、東京都豊島区にそば店「翁」を開業。やがて“そば打ちの第一人者”と称されるほど人気を得る。その後、東京の店を閉め、自家製粉の環境を求めて山梨県・長坂に移転。2001年、「翁」を弟子に譲り、広島県北広島町「達磨 雪花山房」にて、そば指導を中心とした活動を開始。2015年「達磨 雪花山房」を閉店し2016年秋、大分県枡築にて少人数に対応した会員制の店舗を構える。現在、そば会・そば祭り等で全国を飛び回る。


大橋 誠

 
「山梨 翁」大橋 誠

(おおはし まこと)

1966年11月7日静岡県生まれ。1996年より、山梨・長坂「翁」に修業入りする。5年3カ月の修業を経て2001年に師である高橋邦弘氏より「翁」を継承。師の教えを守り、自然の中、自家栽培、自家製粉、繊細かつ大胆に、流れを大切に蕎麦打ちに取り組む。

高野 幸久

 
「しながわ 翁」高野 幸久

(たかの ゆきひさ)

1972年1月19日東京都生まれ。大学卒業後、就職するも1998年会社を辞めて蕎麦屋を志す。高橋邦弘氏の元で修業後、2000年に東京・品川で「しながわ翁」を開店。師匠の蕎麦を目標とし、石臼で挽いたこだわりの粉で打つそばは、ミシュランガイド東京で紹介されるなど定評がある。

ご予約/お問合せ

Tel.043-299-1849
(千羽鶴 直通)(千葉・幕張)


  • 特別に明記してあるものを除き、別途税金及びサービス料10%を加算させていただきます。
  • 食材によるアレルギーのあるお客さまは、あらかじめ係にお申しつけください。
  • 食材の入荷状況によりメニュー内容が変更になる場合がございます。