コンテンツ:シェフ

シェフ

A message from the chef

ホテルニューオータニグランシェフ 中島 眞介

ホテルニューオータニのウエディングメニューには
50年という長い歴史の中で脈々と受け継がれてきた
王道をゆく確かな美味しさがあります。
 
それを支えるのは総力を挙げて仕入れる一級品や
手間や時間を惜しまず妥協なく磨きつづける独自の製法。
 
そして和洋中を代表する一流のシェフをはじめ
ソムリエ パティシエなど各分野のスペシャリストたちが
垣根を越えて一つにする おもてなしの心です。
 
新郎新婦にかわってゲストをおもてなしさせていただく
その喜びと責任を強く感じながら 最高のクオリティーで
わたしたちは祝福のメニューをかたちにいたします。

ホテルニューオータニグランシェフ
中島 眞介 Shinsuke Nakajima

  • バンケット統括料理長  太田 高広

    フランス料理

    西洋料理 バンケット統括料理長 太田 高広 Takahiro Ota

  • 日本料理 料理長 宮田 勇

    日本料理

    日本料理 料理長 宮田 勇 Isami Miyata

  • 中国料理 理長 黒岩 利夫

    中国料理

    中国料理 料理長 黒岩 利夫 Toshio Kuroiwa

コンテンツ:ヒストリー

ヒストリー

歴史を重ね磨きをかけたフランス料理

ヒストリー イメージ01

開業時から受け継ぐ 伝統の「ローストビーフ」

初代グランシェフが本場イギリスに渡り見い出した味わいとその製法は、
ホテルニューオータニ開業当時から変わらず受け継がれている。
牛肉の旨みを最大限に引き出すために低温でじっくりと調理。
お客さまのお口に合う美味しさを追求した、長年愛され続けるロングセラーメニューです。


ヒストリー イメージ02

豊潤な香り引き立つ 黄金の「ビーフコンソメ」

ビーフコンソメもまた開業当時から続く伝統メニュー。
国賓の方々を幾度となくもてなしてきたスープは、50年以上続くレシピに忠実に、
3日間かけ丁寧に仕上げています。牛の骨とスジ、野菜を1日火にかけ煮出した後、
再び同じ行程を重ねます。最後に卵白を加え、アクを取り除きながら、
さらに1日かけて旨味を抽出すると、ようやく澄んだ黄金のスープが完成します。


晴れやかな一日を彩る日本料理

ヒストリー イメージ03

出汁の旨みが染みわたる 味わい深い「御椀盛」

出汁には上品な甘みの道南産 真昆布と、鰹節より淡泊な味わいの枕崎産 鮪節を使用。
少量の食材でしっかりとした出汁が出るうえ、
えぐみやくさみがほとんどなく、繊細で済んだ味わいが特徴です。
出汁の美味しさを十二分にご賞味いただける一皿となっています。


【参】試食会のご案内

【参・東京WDG・料理】サブナビゲーション
【全・東京WDG】丸バナー
  • 庭園
  • スペシャリスト
  • 衣装・美容
  • 装花
  • ニューオータニクラブW
  • ブライズルーム
  • 宿泊
  • 二次会
  • 施設・環境
【全】スマホ切替ボタン